WordPressサイトに独自ドメインを設定!

WordPressの設定が完了し、記事の投稿ができるようになったところで、WordPressの情報発信サイトに対して独自ドメインを設定します。

はじめに

WordPressの情報発信サイトに対して独自ドメインを設定します。

使用環境

レンタルサーバ:ロリポップ!
WordPress   :WordPress 4.2.3

DNSサーバの設定変更

私の場合は、独自ドメインの取得をムームードメインで行い、レンタルサーバにロりポップを使用していることもあり、ロりポップのDNSサーバでサブドメインや独自ドメインの設定ができるように、ムームードメインのDNSサーバの設定を変更してみました。
personal_domain_001m.png
ロりポップのレンタルサーバを選択します。
personal_domain_002.png
時間がかかるようなので、数日後にロりポップのサイトにアクセスすることにします。
personal_domain_005.png

独自ドメインを情報発信サイトに設定

ロりポップのホームページで、独自ドメインを情報発信サイトに設定します。
set_personal_domain_001m.png
※私は、サブドメインを情報発信サイトに割り当てることにしたため、この設定はあまり意味を持たないのですが、独自ドメインの設定を行わないとサブドメインのメニューが表示されません。
設定の反映には、1時間以上かかることが表示されます。
set_personal_domain_003.png
あせってサブドメインの設定を行おうとしても、以下の画面が表示されます。
set_personal_domain_005.png

独自ドメインのサブドメインをWordPressの情報発信サイトに設定

いよいよ、サブドメインをWordPressの情報発信サイトに割り当てます。
personal_subdomain_024m.png
少なくとも1時間より後に、”http://<独自ドメイン>”でアクセスしてみます、WordPressで作成したサイトが閲覧できればOKですが、時間がかかることもあります。

おわりに

WordPressの情報発信サイトに対して独自ドメインの設定をおこないました。これで、めでたく”http://<独自ドメイン>”でアクセスできるようになります!DNSサーバの設定変更は、時間のかかる作業になります。

関連記事(WordPressのインストールとシステム環境の準備)

  1. サーバの利用形態を選択!
  2. サーバへのアクセス環境(パソコン環境)を整備!
  3. WordPressをレンタルサーバにインストール!
  4. WordPressを初期設定!
  5. WordPressサイトに独自ドメインを設定!
  6. WordPressのテーマを選択!
  7. WordPressのテーマのカスタマイズ環境を準備!
  8. WordPressのテーマをカスタマイズ環境に配置!

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!
ムームードメイン ロリポップ!レンタルサーバー

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)