Ubuntu 16.04 LTS Desktopで外部ストレージを使用する!

Ubuntu 16.04 LTS Desktopで外部ストレージを使用します。

exFATの使用

Ubuntu DesktopでexFATを使用する方法です。Linux、Windows、MacでUSBの外部ストレージを共用したい場合、exFATがおすすめです。ただし、Ubuntuではパッケージのインストールが必要になります。

以下のコマンドで、exFATのパッケージをインストールします。

sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils

USB接続で外部ストレージを接続するだけで、使用可能になります。

パーティションのマウント設定

認識可能なパーティションを自動的にマウントする方法です。ポイントは、パーティションをUUIDで指定することと、外部ストレージを接続していなくてもOSを起動したい場合は、マウントオプションに”nofail”を指定することです。

以下のコマンドで、パーティション情報をリストし、デバイス(/dev/sdXY)を特定します。

$ sudo fdisk -l

以下のコマンドで、UUIDを確認します。

$ sudo blkid /dev/sdXY

/etc/fstabを編集します。

$ sudo vi /etc/fstab
UUID=XXX /xxx      ext4    default,nofail              0       0

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)