Twenty Thirteenの概要

Twenty Thirteenをカスタマイズする準備として、Twenty Thirteenの概要を整理します。

はじめに

Twenty Thirteenの概要を整理します。

使用環境

WordPress 4.2.3
Twenty Thirteen 1.5

Twenty Thirteenの特徴

Twenty Thirteenの主な特徴をリストアップします。
・右サイドバーの2カラムのブログ用の画面構成
・レスポンシブルレイアウトに対応
・投稿ページと固定ページが作成可能
・多彩な投稿フォーマットが使用可能で個別のデザインで表示可能
・ヘッダーに画像を表示可能
・アイキャッチ画像を表示可能
・Microformats対応
・RTL言語対応
・翻訳対応
・アイコンフォント(Genericons)付属
・jQuery使用可能
・アクセシビリティ対応

レスポンシブルレイアウト対応

Twety Thirteenの大きな特徴は、レスポンシブルレイアウトに対応していることです。画面の幅が広い時は、サイドバーが右側に表示されます。
abstract_of_twentythirteen_001

画面が幅が狭くなると、サイドバーが下側に回り込みます。
abstract_of_twentythirteen_002

abstract_of_twentythirteen_003

投稿ページの特徴

投稿ページの特徴は、多彩な投稿フォーマットが使用可能で個別のデザインで表示可能なことです。文章と画像中心のブログでは、「標準」だけで間に合うかもしれませんが、様々なメディアを扱うようなサイトではとても役立ちそうです。

固定ページの特徴

固定ページの特徴は、ほぼ投稿の「標準」フォーマットと同じデザインですが、カテゴリとタグを指定することができません。トップページとメニューから呼び出される記事一覧のページで使用することになりそうです。

トップページの表示方法

トップページは、デフォルトでは最新の投稿ページが表示されますが、特定の固定ページをトップページに指定することができます。

アーカイブ表示ページの特徴

カテゴリ別とタグ別でアーカイブ表示が可能です。記事は、全文で表示されます。カスタマイズとしては、要約で表示したくなるかもしれません。

検索結果表示ページの特徴

検索結果を表示するページですが、、記事は要約で表示されます。

404ページの特徴

404 Not Foundのページは、404のメッセージだけはなく、検索窓も表示されます。サイドバー(右)は、表示されません。

おわりに

Twenty Thirteenの概要を整理しました。

関連記事(Twenty Thirteenのカスタマイズの準備)

  1. Twenty Thirteenの概要
  2. Twenty Thirteenの画面レイアウトを設計
  3. Twenty Thirteenで使用する画像を作成
  4. Twenty Thirteenのデザイン変更時の表示確認

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!
ムームードメイン ロリポップ!レンタルサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)