Windows PowerShellを使用可に!

Windows PowerShellは、Windowsにおける強力なスクリプト実行環境ですが、Windows 7ではデフォルトで有効になっていません。Windows PowerShellを有効化し使用可能な状態にします。

はじめに

Windows PowerShellを有効化し、使用可能な状態にします。

Windows PowerShellの起動

コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。
コマンドラインを起動し、”powershell”コマンドを実行します。
<実行例>
============================================================
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.
C:\Windows\system32>powershell
Windows PowerShell
Copyright (C) 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.
PS C:\Windows\system32>
============================================================

Windows PowerShellの起動

「ExecutionPolicy」を「RemoteSigned」に変更します。
<実行例>
============================================================
PS C:\Windows\system32> Get-ExecutionPolicy
Restricted
PS C:\Windows\system32> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
PS C:\Windows\system32> Get-ExecutionPolicy
RemoteSigned
PS C:\Windows\system32>
============================================================

Windows PowerShellでコードを実行

PowerShellが実行できるか試してみます。
<実行例>※PowerShellのバージョンを確認します。
============================================================
PS C:\Windows\system32> $PSVersionTable
Name Value
—- —–
CLRVersion 2.0.50727.5485
BuildVersion 6.1.7601.17514
PSVersion 2.0
WSManStackVersion 2.0
PSCompatibleVersions {1.0, 2.0}
SerializationVersion 1.1.0.1
PSRemotingProtocolVersion 2.1
============================================================
※バージョンは、2.0ですね!

Windows PowerShell情報

Windows PowerShellの最新情報は、以下で入手できます。
Microsoftスクリプトセンター

おわりに

今回は、Windows 7にデフォルトでインストールされているWindows PowerShellのバージョン2を、有効化しました。バージョン3、4を使用する場合は、”.Net Framework”をレベルアップする必要があります。

関連記事

  1. スクリプト用フォルダの作成と環境変数を設定!
  2. タスクスケジューラを使用してスクリプトを実行!
  3. Windows PowerShellを使用可に!
  4. PythonをWindowsにインストール!
  5. nkfコマンドで文字コードを変換!
  6. wgetコマンドでHTMLを取得!
DMMmobile ワイモバイル

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)