Googleウェブマスターツールのメッセージを確認

Googleウェブマスターツールのメッセージを確認します。Googleウェブマスターツールにサイトを登録後、Googleから最初のメッセージが届いていたので、内容を確認します。

はじめに

Googleウェブマスターツールのメッセージを確認します。Googleから届いた最初のメッセージの内容を確認します。

メッセージの表示と確認

メッセージのメニューを選択して、Googleから届いた最初のメッセージへのリンクをクリックします。
using_webmastertool_011
メッセージの内容が表示されます。ウェブマスターツールの初期設定の説明とリンクなので、一つ一つ確認してみます。
using_webmastertool_012

サイトのすべてのURLを登録(Add a site)

メッセージの「Add a site」のボタンをクリックするとURLの登録画面になります。同じサイトで複数のURLを持つ場合、すべてのURLを登録します。ICT実験室は、以下の①のみですが、②~④も同一サイトである場合、登録するとよいとのことです。
①http://expr.ictlab101.com/
②http://www.expr.ictlab101.com/
③https://expr.ictlab101.com/
④https://www.expr.ictlab101.com/
using_webmastertool_013

クロールの速度を選択(Set preferred version)

メッセージの「Set preferred version」のボタンをクリックするとクロールの速度の選択画面になります。サイトに負荷をかけないようにクロールの速度を調整できます。
using_webmastertool_014

ターゲットとする国を選択(Choose country)

メッセージの「Choose country」のボタンをクリックするとターゲットとする国の選択画面になります。ICT実験室は「.com」のドメイン名ですが、日本語による日本人向けの記事を掲載するサイトです。説明書きでは、このような場合に、日本語のサイトであることを示すのに有効とのことなので、日本を選択してみます。
using_webmastertool_015

共同作業者を登録(Manage site users)

メッセージの「Manage site users」のボタンをクリックすると共同作業者の登録画面になります。共同作業者がいる場合は、共同作業者のユーザを登録します。
using_webmastertool_016

サイトマップを登録(Submit a sitemap)

メッセージの「Submit a sitemap」のボタンをクリックするとサイトマップの登録画面になります。サイトマップを登録します。当初、サイトマップを作成していなかったので、SEO All in Packでサイトマップを作成して送信しました。
using_webmastertool_017

おわりに

Googleから届いた最初のメッセージの内容を確認して、ウェブマスターツールの初期設定を行いました。

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)