GnuPGで公開鍵サーバに公開鍵を登録!

暗号化と電子署名を全世界の人と使用できるようにするため、GnuPG(GPG)を使用して、公開鍵サーバに公開鍵を登録します。公開鍵サーバを利用することで、メールなどで直接、公開鍵を送付しないでも公開鍵を配布することができます。

はじめに

GnuPG(GPG)を使用して、公開鍵を公開鍵サーバに登録します。

公開鍵サーバへの公開鍵の登録

“gpg –send-keys”コマンドで公開鍵を公開鍵サーバに登録します。
<コマンド>
gpg –keyserver <鍵サーバ名> –send-keys <鍵IDあるいはメールアドレス等の鍵の識別情報>
<実行例>
============================================================
D:\gpg>gpg –keyserver keys.gnupg.net –send-keys ict-lab@example.com
gpg: 鍵ict-lab@example.comをhkpサーバkeys.gnupg.netへ送信
============================================================

公開鍵サーバへの公開鍵の登録確認

“gpg –search-keys”コマンドで公開鍵サーバに公開鍵が登録されたことを確認します。”gpg –send-keys”コマンド実行後、検索できるようになるまで数分かかるようです。また、一か所の公開鍵サーバに登録すると”pgp.nic.ad.jp”など他の鍵サーバにも複製されていきます。
gpg –keyserver <鍵サーバ名> –search-keys <鍵IDあるいはメールアドレス等の鍵の識別情報>
<実行例>
============================================================
D:\gpg>gpg –keyserver keys.gnupg.net –search-keys ict-lab@example.com
gpg: “ict-lab@example.com”をhkpサーバkeys.gnupg.netから検索
(1) Kentaro Hori (green) <isa-ken@miobox.jp>
4096 bit RSA key CBCA1C1B, 作成: 2015-03-28
Keys 1-1 of 1 for “ict-lab@example.com”. 番号(s)、N)次、またはQ)中止を入力してください >Q
============================================================

おわりに

鍵サーバに公開鍵を登録することで、全世界の人に自分の公開鍵を配布することが容易になります。

関連記事(Windows7で暗号化と電子署名を利用!)

  1. Gpg4winをインストール!
  2. GnuPGで公開鍵と秘密鍵を生成!
  3. GnuPGで秘密鍵の盗難/紛失対策!
  4. GnuPGでファイルの暗号化と復号化!
  5. GnuPGで電子署名!
  6. GnuPGで公開鍵サーバに公開鍵を登録!
  7. GnuPGで公開鍵サーバから公開鍵を入手!
  8. GnuPGで公開鍵に秘密鍵で署名!
  9. ThunderbirdとEnigmailで暗号メールを使用!
  10. 暗号化を使用してクラウドサービスを利用!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)