WiMAXを固定回線化!-課題など

WiMAXを固定回線のように使用するにあたり、課題などを整理したいと思います。

はじめに

WiMAXを固定回線のように使用するにあたり、課題などを整理します。
・回線品質と回線速度
・速度制限
・セキュリティ
・利用料金
・部屋の取り回し/引越しなど

回線品質と回線速度

WiMAXの回線品質と回線速度は、電波状態に強く依存しますが、接続可能なエリアは広がっています。電波状態がよければ固定回線のように使用することができます。回線速度は、WiMAX2+で下り10MBps、上り2MBps程度が期待値。注意が必要と思われるのは、WiMAXルータ自体の安定性です。私の場合、2~3カ月に1回くらい、WiMAXルータの再起動をしている気がします。
<参考>WiMAXを固定回線化!-回線速度

速度制限

WiMAXでも速度制限がかかることがあります。「Flatツープラス ギガ放題」では、月間の通信量による速度制限はありませんが、前日までの3日間の合計が3GBを超えると約1日(翌日の昼頃~翌々日の昼頃まで)速度制限がかかります。速度制限のレベルは、YouTube動画の標準画質が見られるレベルとのことです。
<参考>「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について

セキュリティ

WiMAX回線は無線であるため、セキュリティは固定回線より落ちることになると思います。固定回線でも必要なことですが重要な通信は、暗号化通信方式を可能な限り選ぶべきです。また、WiMAXルータは無線LANルータの役割も果たせるため、無線LANルータとしてのセキュリティの設定をしっかり行う必要があります。
<参考>WiMAXを固定回線化!-セキュリティの設定

利用料金

利用料金は、キャンペーンにもよりますが、光の固定回線よりは、若干安くすることができます。
<参考>WiMAXを固定回線化!-利用料金について

部屋の取り回し/引越しなど

部屋の取り回し/引越しでは、WiMAXルータは最強だと思います。接続機器がWiMAXルータのみなので部屋がすっきりします。PC等との接続も無線LANのみにすれば本当にスペースをとりません。また、引越しにも強いです。契約は、住所変更のみで使用不可となる期間が無いですし、レンタル機器の返還という手間もありません。

おわりに

結果としては、WiMAX回線は固定回線のように使用することができます。コストも安く、維持も機器がWiMAXルータのみと楽です。光の固定回線との比較でデメリットがあるとすると、回線品質と速度制限になると思います。回線品質については、WiMAXでも十分であると思いますが、機器の安定性まで含めると光回線の安定性は圧倒的な部分があります。また、厳しくはありませんが速度制限がかかることがあります。回線速度を必要とする仕事がある場合は、前日にISOファイルのダウンロードや高画質の動画の視聴を控える等、工夫をして使用することが必要になります。

関連記事(WiMAXを固定回線化!)

  1. WiMAXを固定回線化!-事前検討
  2. WiMAXを固定回線化!-接続編
  3. WiMAXを固定回線化!-セキュリティの設定
  4. WiMAXを固定回線化!-回線速度
  5. WiMAXを固定回線化!-利用料金について
  6. WiMAXを固定回線化!-課題など

関連記事(目次)

  1. ネットワーク環境を整備!

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)