WiMAXを固定回線化!-利用料金について

今回は、利用料金について整理します。固定回線の場合との比較をしてみたいと思います。

はじめに

WiMAX回線の利用料金をについて整理します。
・インターネット接続回線のWiMAX化
・固定電話の携帯への集約とFAXのWiMAX化

インターネット接続回線のWiMAX化

インターネット接続回線を光の固定回線からWiMAXに移行する場合について整理してみたいと思います。(2015/03/14現在)

<フレッツ光(NTT東日本)+ Biglobe(私の場合)>
【集合住宅】4080円(初期費用:別途15800円~※休日工事は+3000円)
【一戸建て】5180円(初期費用:別途15800円~※休日工事は+3000円)
内訳:フレッツ光利用料金(月額)+プロバイダ接続料金(月額)+機器レンタル料金(月額)

<「BIGLOBE WiMAX 2+」Flat ツープラス(私の場合)>
【2年目まで】3,695円(初期費用:3000円)
【2年目以降】4,195円(初期費用:3000円)
内訳:WiMAX接続料金(月額)+プロバイダ接続料金(月額)

※注意点
・光もWiMAXも各種キャンペーン価格が適用される・・・
・フレッツなどの固定回線の場合、プロバイダ側でホームページが持てるなどの付加サービスがある場合が多い。

固定電話の携帯への集約とFAXのWiMAX化

固定電話(FAX)を利用している場合、固定電話を携帯(スマホ)に集約し、FAXをWiMAXに移行することができれば固定電話の「基本料金」を節約することが可能です。固定電話の利用が多い場合は、携帯電話より通話料が安いため、解約しないほうがよいでしょう。FAXをWiMAXに移行する方法については、「WiMAXでIP電話(FAX)!-接続編」を参考にしていただければと思います。少し、テクニックが必要で、必ずできるというわけではありません。

おわりに

今回は、利用料金について整理しました。光の固定回線は、回線品質が高いことが大きなメリットでWiMAX回線は機器がWiMAXルータだけなので維持管理が楽です。WiMAX回線をうまく利用できれば固定回線より利用料金を下げることができます。次回は、最終回として、WiMAXを固定回線として利用するに当たり課題などを整理したいと思います。

関連記事(WiMAXを固定回線化!)

  1. WiMAXを固定回線化!-事前検討
  2. WiMAXを固定回線化!-接続編
  3. WiMAXを固定回線化!-セキュリティの設定
  4. WiMAXを固定回線化!-回線速度
  5. WiMAXを固定回線化!-利用料金について
  6. WiMAXを固定回線化!-課題など

関連記事(目次)

  1. ネットワーク環境を整備!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)