複数サイトのドメイン名とURLを設計!

インターネット上にサイト構築し情報発信する際に重要となるのが、URLの設計と計画です。特に、複数サイトを持つ場合のドメイン名とURL設計のポイントについて整理します。

はじめに

インターネット上にサイト構築を行い情報発信を行う際のURLの設計方法についてまとめます。情報発信の内容が多様化して、複数サイト持つ場合について考慮します。

ドメイン名/URL計画①:サイトごとに階層を設置

一つだけドメインを取得し、サイトごとにURLの階層を設けます。

<URLの例>

 example.com/aaa
 example.com/bbb
 example.com/ccc

<特徴>
・サイトをドメイン名直後の階層で識別します。
・サイトの内容を階層名で表しますが、若干インパクトに欠けるかなと思います。
・サイトを複数のサーバに分ける場合に、ドメイン名が変更になります。

<費用>
・複数サイトでも、ドメインの取得および維持費がドメイン一つ分で済みます。

ドメイン名/URL計画②:サイトごとにサブドメインを設定

一つだけドメインを取得し、サイトごとにサブドメインを設けます。

<URLの例>

 aaa.example.com
 bbb.example.com
 ccc.example.com

<特徴>
・サイトを取得したドメインのサブドメイン名で識別します。
・サイトの内容をサブドメインで表しますが、長い名前が使いにくいかなと思います。
・サイトを複数のサーバに分ける場合でも、通常はドメイン名を変更する必要がありません。

<費用>
・複数サイトでも、ドメインの取得および維持費がドメイン一つ分で済みます。

ドメイン名/URL計画③:サイトごとにドメインを取得

複数のドメインを取得し、サイトごとに割り当てます。

<URLの例>

 aaa.com
 bbb.com
 ccc.com

<特徴>
・サイトを取得したドメイン名で識別します。
・サイトの内容をドメイン名で表せるため、サイトの内容をストレートに表現することができます。
・サイトを複数のサーバに分ける場合でも、通常はドメイン名を変更する必要がありません。

<費用>
・取得したドメインの分だけ、ドメインの取得および維持費がかかります。

おわりに

URLの変更は手間がかかり、痛みをともなう作業になります。最初からどの程度の規模のサイトになるか分かればよいですが、通常は難しく、徐々にサイトが成長して、①→②→③の順に遷移していくことが多いと思います。

関連記事(ドメインの選択とURLの設計)

  1. 複数サイトのドメイン名とURLを設計!
  2. トップレベルドメイン(TLD)を選択!
  3. 第2レベルドメインを決定してドメイン名を取得!

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!
ムームードメイン ロリポップ!レンタルサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)