日本語の取り扱いを改善(WP Multibyte Patch)

WordPressは、日本語に対応していますが、十分対応しきれていない部分も残っています。「WP Multibyte Patch」というプラグインを使用して、日本語の取り扱いを改善します。

はじめに

「WP Multibyte Patch」というプラグインを使用して、日本語の取り扱いを改善します。
・「WP Multibyte Patch」プラグインを有効化

「WP Multibyte Patch」プラグインを有効化

私の環境では、「WP Multibyte Patch」プラグインがインストール済みでしたので、WordPressのプラグインの管理ページで、「WP Multibyte Patch」プラグインを有効化します。
activate_wpmultibytepatch_001

プラグインの有効化だけで動作するようになりますが、どのような機能を持っているかは把握の必要がありますので、プラグインの説明を確認しておきます。
activate_wpmultibytepatch_003

おわりに

「WP Multibyte Patch」というプラグインを使用して、日本語の取り扱いを改善しました。

関連記事

  1. 日本語の取り扱いを改善(WP Multibyte Patch)
  2. ページにアイコンを表示(Font Awesome 4 Menus)
  3. ソースコードを整形して表示(SyntaxHighlighter Evolved)
  4. パンくずリストを作成(Breadcrumb NavXT)
  5. お問い合わせフォームを作成(Contact Form 7)
  6. サイトマップ(ページ索引)を作成(PS Auto Sitemap)

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!
ムームードメイン ロリポップ!レンタルサーバー

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)