所要電力(皮相電力)と電流を計算

サーバ構築を行う場合、実際にどれだけの電力が必要になるのか、計算したくなることがあるでしょう。一般家庭の場合の所要電力(皮相電力)の計算方法をまとめます。

はじめに

一般家庭の場合の所要電力(皮相電力)の計算方法をまとめます。

有効電力(W)から皮相電力(VA)を計算

実際に必要となる電力は、皮相電力(VA)になります。有効電力(W)のみわかっている場合は、以下の式で皮相電力(VA)を求めます。※力率は、機器によって異なりますが、わからない場合は0.8で計算します。

有効電力(W)=皮相電力(VA)×力率(0.8)

式を使いやすく変形すると以下になります。

皮相電力(VA)=有効電力(W)×1.25

皮相電力(VA)から電流(A)を計算

以下の式で、必要となる電流(A)を計算します。

電流(A)=皮相電力(VA)/電圧(V)

したがって、100V電源の場合は以下の式で計算します。

電流(A)=皮相電力(VA)/100(V)

200V電源の場合は、以下の式で計算します。

電流(A)=皮相電力(VA)/200(V)

おわりに

所要電力(皮相電力)の計算方法をまとめました。

関連記事(目次)

  1. ホームサーバを構築!

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)