セキュリティチップ(TPM)を有効化!

今回は、パソコン(PC)盗難対策としてセキュリティチップを有効化します。ただし、セキュリティチップを有効化しただけでは何もセキュリティは強化されません。使用するOS上で、セキュリティチップに対応したソフトウェアを使用することによって、ハードディスクの暗号化等を行うことができるようになります。

はじめに

BIOS上でセキュリティチップ(TPM)を有効化します。

使用環境

ノートPC:Lenovo X201i

有効化手順(Lenovo X200sでの例)

BIOSの「Secrity Chip」を選びます。
P4080778s.jpg
「Enter」キーを押します。
P4080779s.jpg
「Active」をえらびます。
P4080780s.jpg
BIOS設定の変更を保存します。
P4080781s.jpg
「Security Chip」が「Active」になりました!
P4080782s.jpg
※セキュリティチップを有効化しただけでは、見た目何も変わりませんが、以降セキュリティチップに対応したソフトウェアを使用することで、セキュリティチップの機能が使用できるようになります。

おわりに

今回は、パソコン(PC)盗難対策として、まずセキュリティチップを有効化しました。次回以降で、セキュリティチップを実際に使用してみたいと思います。

関連記事

  1. ケンジントンセキュリティワイヤーロック!
  2. BIOSのパスワードを設定!
  3. ハードディスクのパスワードを設定!
  4. セキュリティチップ(TPM)を有効化!
  5. TPMの使用例(LenovoのCSSをインストール!)
  6. LenovoのCSSでパソコンを監査!
  7. BIOSのスーパバイザパスワードを設定!
  8. guestユーザのパスワードを設定!
  9. スクリーンセーバのパスワードを設定!
  10. LenovoのCSSのパスフレーズを設定!
  11. LenovoのCSSのパスフレーズでログオン!
  12. パスワードの復元機能を使用!
  13. LenovoのCSSでパスワードを管理!
  14. パソコンに指紋を登録!
  15. BIOSの認証で指紋認証を使用!
  16. Windowsの認証に指紋認証を利用する!
  17. Windows7をUlitimateにアップグレード!
DMMmobile ワイモバイル

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)