コメントスパムを回避(Throws SPAM Away)

WordPressで記事を作成すると間髪いれずに、コメントスパムに悩まされることになります。ICT実験室は、日本人向けの日本語のサイトなので、英語でのコメントの必要性は少ないと考えました。そこで、日本語が含まれないコメントをスパムとみなす「Throws SPAM Away」というプラグインを使用します。

はじめに

「Throws SPAM Away」というプラグインを使用して、サイトにコメントスパム対策を施します。
・「Throws SPAM Away」をインストール
・「Throws SPAM Away」を初期設定

「Throws SPAM Away」をインストール

WordPressのプラグインの管理ページで、「Throws SPAM Away」プラグインを検索してインストールし、有効化します。
install_throwspamsaway_001

「Throws SPAM Away」を初期設定

「Throws SPAM Away」の初期設定画面を開きます。
setup_throwspamsaway_001
初期設定を確認します。
setup_throwspamsaway_002
ICT実験室では、以下の変更をしてみました。
・「コメント欄の下に表示される注意文言」の先頭に「※」を付加。
・「コメント欄の下に表示される注意文言」の文字サイズおよび文字の位置をスタイルシート(style.css)で調整。

p#throwsSpamAway {
	padding   : 3px 0 0;
	font-size : 12px;
}

<表示例>
setup_throwspamsaway_003

おわりに

「Throws SPAM Away」を使用して、サイトにコメントスパム対策を施しました。コメントスパム対策が楽になるといいなと思います。

関連記事(WordPressをプラグインでカスタマイズ(運用))

  1. WordPressサイトのセキュリティ対策(SiteGuard WP Plugin)
  2. コメントスパムを回避(Throws SPAM Away)
  3. 文字列を一括置換(Search Regex)
  4. アクセス統計を一目で確認(Count per Day)
  5. アクセス統計をしっかり分析(WP Slimstat)
  6. 検索サイトとの親和性を向上(All in One SEO Pack)
  7. 検索サイト用のサイトマップを作成(All in One SEO Pack)
  8. ページをリダイレクト(Redirection)
  9. ページのリンク切れをチェック(Broken Link Checker)

関連記事(目次)

  1. インターネットで情報発信!
ムームードメイン ロリポップ!レンタルサーバー

コメント記入欄

※メールアドレス(任意入力)は非公開です。コメントはお気軽にどうぞ!

内容を確認して、「コメント送信」ボタンを押してください。

post date*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)