ケンジントンセキュリティワイヤーロック!

情報の入手は、スマートフォンやタブレットを使用するが、重要な情報は、PCに・・・というケースも多いのでは。パソコンのセキュリティ対策に取り組んでみたいと思います。まずは、パソコンのセキュリティ対策の「いろは」、「ケンジントンセキュリティワイヤーロック」を使用してみます。

はじめに

パソコンの盗難防止対策として、ケンジントンセキュリティワイヤーロックを使用します。

使用したツール

・ケンジントンセキュリティワイヤーロック

事前準備

パソコンラックを使用している場合は問題ないと思いますが、そうでない場合は、しっかりとワイヤーを通せる家財が必要になります。そこから、ワイヤーロックを取り付けるパソコンまでの距離を測っておきましょう。

ワイヤーロックの選択

・ワイヤーの強度、長さがまず重要だと思います。あとは、ロックの方法が鍵であるか番号方式か好みになるでしょう。私は、元祖のケンジントンセキュリティーワイヤーロックを使用することにしました。

ワイヤーロックの取り付け

・家財のポールを通しつつワイヤーロック先端の輪にヘッドを通します。この時点で、ワイヤーが家財から離れてしまうような取り付け方は意味がありません。
P3200614ws.jpg
・パソコンのセキュリティスロットに、ヘッドを差し込みます。
・鍵を使い、ヘッドのロック部分を回し、セキュリティスロットからワイヤーが抜けないように取り付けます。※ワイヤーロックによっては、鍵なしで取り付けられるものもあります。
P3200613ws.jpg
・鍵をワイヤーロックと離れた安全な場所に保管します。

おわりに

ワイヤーロックを取り付けたことで、パソコンの強奪が目的でない場合は、持ち去られることはないかなと思えるようになりました。ワイヤーロックの使用は盗難対策の「いろは」ですので、データの持ち去り対策なども順に取り組んでいきたいと思います。

関連記事

  1. ケンジントンセキュリティワイヤーロック!
  2. BIOSのパスワードを設定!
  3. ハードディスクのパスワードを設定!
  4. セキュリティチップ(TPM)を有効化!
  5. TPMの使用例(LenovoのCSSをインストール!)
  6. LenovoのCSSでパソコンを監査!
  7. BIOSのスーパバイザパスワードを設定!
  8. guestユーザのパスワードを設定!
  9. スクリーンセーバのパスワードを設定!
  10. LenovoのCSSのパスフレーズを設定!
  11. LenovoのCSSのパスフレーズでログオン!
  12. パスワードの復元機能を使用!
  13. LenovoのCSSでパスワードを管理!
  14. パソコンに指紋を登録!
  15. BIOSの認証で指紋認証を使用!
  16. Windowsの認証に指紋認証を利用する!
  17. Windows7をUlitimateにアップグレード!
DMMmobile ワイモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)