クレジットカードの廃棄!

ICT時代、オンライン決済などでも活躍するクレジットカードですが、クレジットカードの更新時や解約時に旧カードが不正利用されないようにしたいものです。クレジットカードの安全な廃棄方法についてまとめます。

はじめに

クレジットカードの廃棄方法をまとめます。

磁気データの無効化

裁断前に、強い磁石などを磁気部分にあてて、磁気データを無効化します。

署名の無効化

裁断前に、マジック等で、署名(サイン)が見えないようにします。

クレジットカードの裁断

クレジットカードをはさみか、シュレッダーで以下の部分が無効になるように細かく裁断します。
・磁気部分
・署名(サイン)
・ICチップ
・記載内容(名前・カード番号・有効期限・セキュリティコード)

廃棄

裁断したクレジットカードの破片は、複数のゴミ袋に分けたり、日を分けて廃棄します。個人的には燃やしたいところですが、自宅では無理ですね・・・

その他

クレジットカードの書面での情報は、個人的には1年くらい経過して、トラブルが発生しなかったことをもって、シュレッダーで廃棄しています。

おわりに

裁断方法としてシュレッダーの購入を検討していたのですが、家庭用で十分細かく裁断できるものが無いように思います。強力な万能はさみで対応したいと思います。

関連記事

  1. シュレッダーで紙媒体の情報漏洩防止!
  2. データを読めなくしてBD-Rを廃棄!
  3. データを読めなくしてDVD-Rを廃棄!
  4. データを読めなくしてCD-Rを廃棄!
  5. クレジットカードの廃棄!
  6. ハードディスクのデータ消去と廃棄!
  7. フラッシュメモリのデータ消去と廃棄!
  8. 携帯電話/スマホのデータ消去と廃棄!
  9. パソコンのデータ消去と廃棄!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)